六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

ネタが無いので本の話 私本太平記 吉川英治 読む前篇

独眼竜政宗の次の大河が太平記でした。
真田広之主演


f:id:PoN3:20200520205442j:image

今から思うと凄まじいオールスター、トレンディ大河とか言われましたが、個性派俳優として今も活躍してる人ばっかだったな

 

独眼竜と言い、次の信長と言い 大河の黄金期でしたね

 

佐々木道誉の陣内さんのばさらっぷり、とか北条高時の鶴太郎さんの狂気とか、死にませんな武田鉄矢さんの楠木正成ダサカッコ良かった、など飛ばしてたなぁ。

 

沢口靖子宮沢りえも可愛かった頃です。

 

しかし話は太平記なのでどこかじめじめした内容と覚えてます

 

なんせ尊氏が好きになれなかった。

 

その原作として前に読んだのは高校の時なので今から30年前。

図書館で借りて読んだのですが、尊氏のなんかモヤモヤした印象と、従者右馬之助(大地康夫)のなんでもあり感


三国志宮本武蔵吉川英治に入ったガキには辛かった印象が…


完読した記憶も無いのな

 

青空文庫で、30年振りに再読。

30年で尊氏の騎乗図と言われてるのが高師直だったりとか、政治的な取り扱いが変わってきたとか、中世民衆史に興味が出来たとか、鎌倉近辺が生活圏になり土地勘出来たとかで、どう読めるようになっているか楽しみです。

 

閑話休題

BSプレミアムで今に再放送してるんね。