六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

絆の力! やまゆりラインと新しいトモダチ♪

前回までのあらすじ

孔明の罠で、やまゆりラインに迷い込んだわたしたち、どんな困難もキズナの力でひねりつぶしちゃうぞ!

 

うっそでーす。

 

 

帰路と思ってたら、やまゆりラインに着きました。


f:id:PoN3:20200531222400j:image

パッと見、激坂でもなさそうですが、今日はかなり売り切れてます。メンタルも帰宅モード。

ですが、坂なので逝くのです!


しかしチョイしんどいのでインナーに…

 


「ここはアウターで!」

(@_@)ビクッ

軍曹の激が飛びます。…当然KMTさんに。

 

 

とは言え、そんなん聞いたらインナーに落とせへんやん。

アウターで踏ん張ります。


たしかにアウターでなんとかペース落とさず行けそうです。

やまゆりラインはアウター縛りで、と決めます。

 

アッキーくん、コレさん、INEさんがいきます。何とか見える範囲に留まるよう、ここも踏ん張ります。

分岐の曲がり角に到着。

すでにアッキーくんは登り返してる…、これが若さか!

 

 

 

分岐に皆揃ったとき、軍曹が一言
「KMTさん、ポンさんつかまえる!」

 

えっ(@_@) オレ?

ここまで0.05秒
蒸着プロセスなみに早く、ノリだけの関西人としては受けて立ちます!(;´Д`)

 

皆の虚をついて、アタック。
良い感じに休憩できたのか、珍しくスパッと逃げに入れます。

 

ちょっと振り返ってもまだ後続の動き遅い。KMTさんだけや無く全員から逃げきりや!!

 

でも、先の見えないコース、何回目かの登りで、アッキーくんにスパッと差される。

結果二着でした。


まあ当初の勝負は頂いたのだ!(;´Д`)

 

罰ゲームにKMTさんにもう1往復を提案する。鬼と言われる。(* ̄ー ̄)

 


f:id:PoN3:20200531222516j:image

やまゆりライン良い道です。しかしつばきラインの後に来るもんじゃないね。

平塚に抜けて、今度はちゃんと小田厚で帰ります。今日はホンマつかれた。


徐々にバラけて解散していき、横浜組は、KTGさん、キング氏、KMTさん、私になる。
チームジャージの配送の話をしたらKTGさんが猛烈に引いてくれました。本当にありがとうございます。

 

帰り道、KMTさんに1日絡み続けたので、一つ聞きました。
「関西弁で絡んだんで、やーさんにおどされたみたいで困ったりしてる?」(ど直球!)

 

大丈夫でした。(* ̄◇)=3

 

帰り道も近く、歳も近いので、私的には良いトモダチになれたらエエなと思ってました。

 

良い感じに別れて、その後……

 

kmt.hatenablog.com


「ブログで」仲良くなったの確認したよ!


やりぃ!

 

おわり!

 


オマケ


せっかくKTGさんに引いてもらい、1900までに帰れたのですが、部屋の呼び出しベル故障と、携帯の電池切れで、運送屋連絡取れなかったので、帰っちゃいました。
さらに、1900以降はドライバーは携帯電話取らないルール。

1900以降配達って一発勝負かよ!(;´Д`)