六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

ネタが無いので本の話 私本太平記 八荒帖

ブログランキング・にほんブログ村へ


f:id:PoN3:20200824200943j:image

後醍醐天皇隠岐脱出がメインとなる巻。
この物語は、戦乱の物悲しさ、無情感が主眼なため、勇ましく助ける側視点でなく、逃げる側視点。翻弄される側視点です。

またこの巻から、佐々木道誉に対抗しうるバサラ者高帥直も登場。(ドラマでは榎本明の怪演が光りました)
役者が揃ってきました。

ちなみに我々が学生時代にみた足利尊氏騎乗図は、敗残する高帥直と言うのが定説になってます。歴史はブラッシュアップされてんなぁ。

次の舞台は、鎌倉の大群相手に籠城中の千早赤阪です。話が畿内に移ってきました。

やはり尊氏殿は蚊帳の外…