六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

ロードロライド 足柄を越えて箱根のおしゃれベーカリーにパンライドなのです。 芦ノ湖哀愁篇

ブログランキング・にほんブログ村へ

20201025 更に続く

PEAKSと比べて

道間違いの結果、イネキンさんと登り返します。ただでさえダメージ大きい足柄農道に加えてディスアドバンテージ。

へいこら登ってる時、イネキンさんから、前に出てたPEAKSと比べるとマダマダでしょうと。
PEAKSは確かに獲得標高5000mオーバー、激坂地獄と、歌っており、その通りと思いますが、ロードロライドと苦しさの質は違うとおもいます。

簡単に言うと、L3~L4長時間と、L4~L5逝ける限りの差。TSSは同じぐらいになるのでしょうが、得意・不得意は割れます。

自分の場合、明らかに前者が楽。PEAKSは前者が、かなりの時間あるだけで、変態までなら、マネジメント間違わなければ其なりに走れたら勝ち目はあると思います。(ど変態は一部L5まで上げなきゃいけないペースになるか?)

わたし的には普段の自称ユルポタのが苦しいぞ。

そんなこんなで、集合場所は皆到着しており、くつろぎモードでした。


f:id:PoN3:20201027230116j:image


f:id:PoN3:20201027230136j:image

一方通行ですが

ここで、ASNさん、ミツさん、クンホリさん、すたんとんさんがサヨナラです。

ここから箱根に向けて林道を行きます。
いい登りですが、道は程悪なので、まったり進行。
先頭はイネキンさん。相変わらず元気です。ちょっとずつペースあげて、後続から離れ始めます。

横からキングさんに、ライバル行ったよと、煽られます。

そう、イネキンさんは幾度となく(一方的に)死闘を繰り返し、その度に苦杯を嘗めさせられた(一方通行の)ライバルです。

pon3.hatenadiary.jp

pon3.hatenadiary.jp

間違いなく、あちらはそんな事思ってないですが…

ちょっと道拡がった所で、前に出ます。イネキンさんとペースアップ。
これで集団は活性化…しません。
逃げを容認(むしろ無視)しました。

 

しゃあないので、しゃべクライムペースでまったり登ります。
ちなみにイネキンさんはユックリペースで登ると余計に疲れるのでペースあげてしまうと。
マグロ怪人がここにも居た。

箱根までほどよく二人で進行します。

 

ドーナツ大好き?

裏箱根街道との交点で後続待ちます。


f:id:PoN3:20201027230223j:image


f:id:PoN3:20201027230236j:image


チューブラーホイールの話題に。軽くて良いみたいだけど躊躇してしまいます。あまりパンクしないので実は良いのかもと思ってしまいますが…

スタートします。オキタクさんとHARAさんを交差点でロストします。ここから芦ノ湖どちらから行ったのか不明。

オキタクさんなら登って行くだろうと、強羅駅方面に。

カーブしたら、いきなりドーナツです。前方走っているヅミさん、イネキンさんは笑顔です。流石のヘムタイです。

おしゃれなホテルにドーナツ。イカしてます。楽しいでわなイカ

強羅駅まで登ります。

 

なんとか合流

強羅駅には二人いませんでした。LINEみたら、小涌谷から1号上がったようです。

1号沿いのセブンで合流。パン屋目的なんで、パンは避けて控えめに餡まん。(5個目)


f:id:PoN3:20201027230306j:image

いっしょやないか (゜゜;)\(--;)

 

キングさんは既に、がっつり食べ始めてます。お約束のパターンに訓練され尽くした生きざまです。

 

オキタクさんHARAさんと合流して、芦ノ湖に向かいます。

久々の国道1号です。
ほどよいペースでヅミさんについて登ります。

ほどよい…
ほどよい?…
ほんとにほどよい?
ほどよ……くない!

真綿で首を絞められるように少しずつ追い込まれて行きます。前のクロスバイクのにーちゃんを抜き損ねて、切れます。

なんとかヅミさんを追っかけるのですが、前で楽に登っていくようなのに全く近づけない。

全く追いつけない弱い想像に反逆するっ!!( ;`Д´)

踏ん張ります。
国道1号最高点までヅミさんには全く近づけませんでした。(´Д`;)

芦ノ湖に漢の哀愁を見た!

芦ノ湖の湖岸に降りる辺りから既に渋滞。悪い予感がします。

芦ノ湖到着。路肩すら困難な程、車と人が。そして湖岸のベーカリーに溢れんばかりの人が。


f:id:PoN3:20201027230344j:image

オキタクさんが背中で泣いている!!

まだつづく!