六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

キッドが立った!

ブログランキング・にほんブログ村へ


f:id:PoN3:20221126170532j:image

マイルチャンピオンシップ G1

秋のマイル王決定戦に相応しいメンバーが阪神に揃いました。
今年は一番人気の呪いが示すように群雄割拠、どの馬が来てもおかしくない凄いシーズンなのかもしれません。
昨年までの絶対的王者グランアレグリア無き後の後継者は誰。

一番人気は昨年3歳マイル王からいつ復権するのかシュネルマイスター。
次いで白毛のアイドルからマイルの女王になったソダシ。
隣枠に牝馬がいるとエキサイトしちゃいバテるがなぜか掲示板はずさないホープフル覇者ダノンザキッド、昨年は二着。
さらに今年の3歳マイル王ダノンスコーピオン。マイルg1を三連続で掲示板に入り、トライアル富士Sを快勝してきたセリフォス。

ミーハーファンとしては、ソダシの勝利がみたいのですが、馬券的には、ネット界隈の逆神である荒品さんがシュネルマイスター、ターボ競馬がソダシ予想の為、外す。
牝馬はやはり厳しいか。セリフォスは主戦藤岡JからDレーンJに乗りかわりで全く読めない。

結果、枠をみて左右に牝馬がいないダノンザキッドで。

枠入りし、ゲート!の瞬間一頭立った!三枠ダノンザキッドやん( ;∀;)

大逃げは生まれず流れる競馬。ペースは普通。馬群固まったまま四コーナーに。
ソダシは前に出すが引き離せない。
シュネルマイスター、ダノンスコーピオンは馬群から抜けてない。

…と、遅れたと思っていたダノンザキッドが中央を割ってソダシを交わしてハナに。

勝ったな…

と思っていたら、大外から凄く凄い末脚で翔んできた一頭か。後方馬群に居たと灯っていたセリフォス。
まさにごぼう抜きで一瞬で先頭に。そして決着。何が起こったのかわかりません…。

結局、セリフォス、ダノンザキッド、ソダシ。キッドは立たなかったら後少し粘れたか…

しかしレースを後で見ると、直線手前て馬群から抜けるため、番手を下げ大外に持ち出し末脚に点火と言うレーンの馬を信じた技ありの 騎乗にセリフォスが答える神展開!
G1勝ちきれなかった子の開眼の一戦でした。次走からは注目しないと。
また、色々やっても強さを見せたダノンザキッドもアッパレ。

これだから競馬は楽しい。