六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

ネタがないので本の話 ローマ人の物語16 パクスロマーナ(下)塩野七生

ブログランキング・にほんブログ村へ


f:id:PoN3:20221130082219j:image

アウグストゥスも老境に差し掛かりましたが、血にこだわるが故か後継者に恵まれません。
期待した孫達には先だたれ、家族の醜聞に苦しめられます。

北方のゲルマン人の蜂起、東方の離反など帝国を揺るがす事件も相次ぎますが、其に対して義理の息子ティベリウスが存在感を高めていきます。

血の繋がらないティベリウスに対しては冷淡であったアウグストゥスも心を開き、二代皇帝として引き継いで行きます。
その後アウグストゥスは旅先でたおれます。

言っちゃえばそれだけであまり盛り上がらない下巻でした。

しかしその享受された平和な時代でローマ帝国は繁栄を謳歌するのでした。