六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

パンデミックレガシー開封の儀


f:id:PoN3:20210119201438j:image

今年はクリスマスも正月も帰れなかったと言うこともあり、今さら子供達二人にプレゼント。

最近、コロナ禍にもかかわらず、ボードゲームパンデミックにハマり気味だったこともあり、今更ながらコレ

結構自分がやりたかったってのもあります。

パンデミックを、近年流行ってるレガシー(遺産)系にした内容。
ゲームを進め方により、メンバーが強化されたり弱ったり、ルールが増えたり、ボード・カードが変わったり、目的が見えたりと、パンデミックとの1年間を闘うキャンペーンになっています。

ヌイグルミ騎士団に続いて連作もの。こうしてタマには帰省するように動機付けしないと神奈川で遊び暮らすので…

閑話休題

一応学校の日なので、宿題やってから2030まで。
…と制限つけたら、息子さまが宿題完了遅れて開封のみ…。
また、今度のお楽しみだな。

今日は軽めゲームで

今日は色々嬉しいこともあり、自転車は控えて、ゲームも軽めに

コヨーテ


f:id:PoN3:20210118213641j:image

インディアンポーカーをベースにした、心理戦ゲーム。
相手の振る舞いから自分のデコに貼り付けたカードを予想して、全員のカードの合計値を宣言していくゲーム。

軽いですが、読みあいが楽しいです。


f:id:PoN3:20210118213657j:image

しかしプレイスタイルが目を引きます。

今日は惨敗…

酔いどれ猫のブルース


f:id:PoN3:20210118213709j:image

クニツゥーア作の競りゲーム。得点にも競りカードにも使える手札で競りに勝ち4枚組カードを沢山作って得点するゲーム。
こちらも軽いですが、考慮することが多く、良い感じに悩ましいゲーム。


f:id:PoN3:20210118213719j:image

競りゲームは得意分野なので流石に負けるわけにはいかない。

今日はこんな感じ

お留守番ゲーム会

たまには息子さまと留守番。
最近メキメキゲーム勘が上がってきて、手抜きなしで遊べるので、どちらかと言うとあそんでもらってます。

 

イチゴリラ


f:id:PoN3:20210116210634j:image


f:id:PoN3:20210116210647j:image

一個目は二人とも苦手な、多枚数神経衰弱。画像記憶能力は歳とともに劣化しているので、段々勝てなくなってます。
今日は枚数数えませんでしたが引き分けかな。

アンギャルド


f:id:PoN3:20210116210658j:image


f:id:PoN3:20210116210707j:image

フルのルールを使って初めて対戦。
2ラウンドで間合いの攻防をマスターされ、嘗めていたらラウンド連取され敗北。
2戦目は襟をただして真剣勝負。
かろうじて勝利。深く思考することで、なんとか自分の勝ち筋が確立出来たことは素晴らしい。

カルカソンヌ


f:id:PoN3:20210116210719j:image


f:id:PoN3:20210116210730j:image

二人プレーで黙々と。すっかり慣れて利他的な配置はしなくなり、ある意味ガチ。
数点差なので、運勝ち。
最近はほぼ互角。

 

 

良い相手になったもんだ。感慨です。

ネタが無いので本の話 涼宮ハルヒの溜息 谷川 流



f:id:PoN3:20210116165452j:image

ハルヒ二冊目
結論、憂鬱程のパワーを感じなかった。

キョンの言い回しと言うか、文章がくどくなったように、内容も一作目に引きずられて、どっしり、食傷気味。
サクッと読み進まない。

落ちも力尽き感覚であまり、スカッとしなかった。

続編難しいね。

ネタが無いので本の話 涼宮ハルヒの憂鬱 谷川 流


f:id:PoN3:20210115002753j:image

いまさら、ハルヒ
KADOKAWAつばさ文庫で読み始めた娘さんが、楽しんで続き読んでることと、数年ぶりに新刊出たこと、聖地近辺に住んでること
…等々付ける理由は色々ありますが、いまさら読んでみました。

少し世代からズレて今まで読んでませんでした。
アニメはちょろっとみたかな。

改めて読んでみて、とても読みやすい。
アニメの記憶で、キャラやらCVやら補完されてるのもあるが、アニメ見てない娘さんが読んでも、ビジュアルで把握できるだろうと感じました。

デビュー作とは思えないストーリーへの入り込みやすさ。スニーカー大賞も納得しました。

のいぢ絵で更に補完です。

今はラノベ主人公型なるキャラ付けが語られますが、キョンはそのアーキタイプでしたね。

色々なギミックはちりばめられてますが、基本は全うな青春小説。さらっとし過ぎなのは否めませんが、むかしを思い出しつつニヤニヤしました。

たしかに児童書から脱却したらコレは良いと思います。
これで人生が豊かになったとかはないとおもいますが、まあまあ良い時間過ごしたかな(良いアニメみたかなと同程度に)と思える一冊でした。

あと、西宮変わったなと感じれるのもちょっと面白かったかも。

続きも読も

あいあんほーす

あれは、タヌキが小学生のころになるのでしょうか?
ファミコン全盛期、まだダビスタすら出てなかったころ、こんな競馬ゲームがありました。


f:id:PoN3:20210113230700j:image

懐かしすぎ

 

ジャンプと鞭を入れる加速しか操作の無いシンプルさ、えらくハマった記憶があります。

 

加速して前にでるのですが、鞭なんで叩くとスタミナが減ります。
とにかく前に出るゲームでした。
(ドラフティング…しらない子ですね)

 

当時ガキだったのと、連射正義の時代?なので、なんせ馬がへたれるまでバシバシと…。

 

馬も何頭かから選べるのですが、大好きだったのは「アイアンホース」

 

MTBのブランドみたいですが、鉄の馬だけあって、ガッツ(叩かれた時の加速)、スタミナ(叩ける回数)は全ての馬を凌駕。


他の能力すべて最低…(´д`ι)


はじめから最後まで連打し続けないと勝てない馬でした。


ガキどもは必死で連打。
(金持ちはジョイボール押しっぱ…)

 

鞭でぶち回されても健気にがんばるアイアンホース。いま考えても名脇役やな…

 

あれから数十年、クリスクロスで撃沈する度に、あの健気なタフさに憧れます。


f:id:PoN3:20210113230826j:image

なんの話やら…

気長に待ってる


f:id:PoN3:20210113201428j:image

12月にパワーメータのクランク取り付けを発注したのですが、そろそろ納期なのでお店に入着時期照会してもらうと、2月1週まで遅れる見込みとの回答。

 

事前連絡無くいきなり普通に1月遅れとか、自転車業界は皆に許されてるんかね。

 

以前ホイールの修理依頼して、確認しないと駄々おくれでも音信不通とかあり、若干諦めてますが(業界全体の体質かね…)

 

めんどくさいけど今回はマメに納期フォローしよ。
(こんなの仕事以外でやりたくないですが)

 

先月お店でみた、クランク抜けてる子が物悲しかったです。