六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

ネタがないので本の話 閃光のハサウェイ(中) 富野由悠季

ブログランキング・にほんブログ村へ


f:id:PoN3:20210618184947j:image

どの様に読むべきか難しい中巻。


ギギを中心とした人間ドラマと読むにはギギが理解しがたく。ハサウェイを取り巻く群像劇としても、何かありそうに出たキャラがサラッと退場したり。さらに人間の残酷さを描きたい感じでもない。
どちらかと言うと、徹底的に皆衝動的で愚かで、悲しいってのがキーなのか。

 

ヒロインの魅力を感じるにハードルが高いのは、富野作品あるあるなのでしかたない。

また、小説ではモビルスーツ戦嫌いなのか、あっさりなのもいつもの感じです。

 

もう最終展開なのに序盤っぽい空気が抜けないのはどうかと。

 

ともかく、ここから急転直下で何処に落ちるのかハラハラなので最終巻は楽しみです。