六甲タヌキ 横濱ニ上陸ス

六甲カラ横濱ヘ 山ヲ求メテ彷徨ス

バトルゲーム三昧

20200919 続き

 

お二人様専用

関西に帰ってきたら、娘さま、息子さまとボードゲームをする機会がおおいのですが、娘さまは習いごととかで、揃わない子供多く、息子さまに二人用対戦のボドゲを教えることに。
最近は戦術とか考えるようになったので逝けるはず!

 

アンギャルド

ライナークニツーア作のフェンシング対戦のカードゲーム。1~5まで5枚づつのカードだけでフェンシングの駆け引きを味わえる古典的名作。

小学校低学年でもわかる簡単ルールで、攻防一体の駆け引きができます。

基本ルールから教えて1日で完全ルールまで覚えてくれました。
懐に飛び込んで斬擊と受けのバチバチ感が楽しいです。


f:id:PoN3:20200919215613j:image

 

ブレードロンド

即興デッキ構築して、バトル出来る体験型能力バトル?
ガード美麗なので二人共に気に入ったみたい。配布された15枚から7枚を選ぶだけのデッキ構築ですが、程よい悩ましさと、戦術バリエーションの豊富さでかなり遊べました。

娘さまに連敗してちょっと?かなり?悔しい。


f:id:PoN3:20200919215627j:image

 

キングオブトーキョー

東京で大暴れする怪獣同士のバトルのダイスゲーム。サイコロをガラガラ振って、敵を殴ったり、怪しげな能力を得たり、進化したりして、最強の怪獣を目指します。

これは二人ようでは無いですが、ガチバトル要素の強いゲームです。

 

今回は最終局面で、はでな殴りあいになり、殴り負ける。またもや悔しい。


勝ち負けを含む耐性が必要なので、模擬的な競争としての、対人ゲームなどは有効です。

この手の対人感の強いゲームは苦手としていた二人が率先してやりたがるのは、成長を感じて、ちょっと嬉しいもんです。


f:id:PoN3:20200919215638j:image

おわり